AI予想家を目指してる陸上選手の日記

AI予想家を目指して日々勉強中。データの分析、ワンコイン馬券も載せていきます

少し前にTwitterでこんなアンケートを実施しました
よく見かける内容のアンケート。行動経済学が絡んでたりします。
アンケート結果が指し示すように、
「確実に3000円がもらえる方がいい!」と思われがちです。
しかし、期待値という概念を用いることで
少し考えが変わるかもしれません。


期待値とは

ある試行を行ったとき,
その結果として得られる数値の平均値のことです。
簡単言うと、試行によって得られる数値(お金)を
その確率で掛け算したものの合計が期待値となります
式で表すと…
数値Xをとし、
確率をと置いた場合、

Xの期待値


では上記のアンケートの期待値を求めてみましょう

Aの期待値は
(4000×80/100)+(0×20/100)=3200円


Bの期待値は
3000×100/100=3000円


期待値という概念でみてみると、Aを選ぶ方が合理的なんですね。
しかしアンケートの結果をからわかるように7割近くの方が
非合理的なBを選択してしまうみたい。

人間は合理的経済人であることを前提とした主流派経済学は果たして正しいのか?
と思ってしまいました。

と競馬からかけ離れた話となってしまいましたが、、
次回か次々回にはきちんと
期待値を競馬に当てはめた内容を書いていきます。

では
 

お久しぶりです。
最近はC#の勉強に加えて、HTMLとCSSのお勉強を始めました。
順番が逆な気がしますが…


3回目となる競馬投資法の考察。今回は金丸法を考察します。





金丸法の説明

①総資金を13分割する

②総資金を1割、3割、9割の割合で賭けていく

③的中した場合、新たに13分割して同じように賭けていく


転がし馬券を応用させたような仕組みになっています。


金丸法の実践

総資金を1万3000円と仮定して実践していきます。
1レース目の投資金額は1000円、
2レースは3000円、3レース目は9000円となります。
収支をプラスにするために狙うべきオッズは
以下のようになります。

スクリーンショット (769)

2018年のデータを基に検証していきましょう。
まずは券種を複勝にした場合から。
複勝オッズごとの的中確率、期待値は以下の通り。
(8頭立て以上のレースの絞っています)
スクリーンショット (775)

当然ですが1.1倍の馬の信用度は高い。
1.2~1.4倍の場合は、的中確率は55.9%と
ギリギリ許容範囲であるが、
それを超えると投資競馬の観点から見ると少し厳しい数字に。

金丸法を複勝で実践する場合、
1レース目に的中することができないと
かなり厳しいことがわかりますね。

次回は単勝で実践していきます。





↑このページのトップヘ