AI予想家を目指してる陸上選手の日記

AI予想家を目指して日々勉強中。データの分析、ワンコイン馬券も載せていきます

日本ダービー

遅くなりましたが2019日本ダービーの振り返りを。レース当日は京都競馬場で馬見のお勉強。暑すぎて暑すぎて暑すぎてつらいよぉぉだった。笑


面白くないネタは置いておき、まずは日本ダービーの印から
スクリーンショット (603)

レースはスタート後⑥サートゥルがまさかの出遅れ。どうやらテンションが高くなってしまい、ゲート内で暴れたみたい。この血統の宿命なのかなぁ。それを尻目に⑮リオン横山武史が押して押して先頭に。スタートの反応が良かったのは③エメラルと➀ロジャー。
向こう正面に入り⑮リオンの大逃げ状態に。少し離れた2番手に➀ロジャー。⑦ダノンは5番手、⑬ヴェロックスは7番手付近を追走。出遅れた⑥サートゥルは中団からやや後ろのポジションに。1000m通過は先頭は57秒8。一見するとハイペースだが、2番手以降は59秒台~のため馬場状態を考慮すると平均からやや速めくらいのペース。
直線に入り、①ロジャーが先頭に立つ。その少し外から➆ダノン。⑥サートゥルは大外に進路をとる。
その一頭内から⑬ヴェロックス。結局坂を登った後も前が止まらず、①ロジャーと➆ダノンの先頭争い。⑥サートゥルは脚が上がってしまい、⑬ヴェロックスに差され、追い込んできた⑨ニシノとの4着争い。
スクリーンショット (605)
(画像はTARGET frontier JVより)
過去10年と比較するとかなりの前傾ラップ。でも前が止まらない…

スクリーンショット (601)

レースは2分22秒6の日本ダービーレコード。
1週前のオークスと同様に高速決着。そしてBコースからCコースへの変更も影響して内を通った馬が有利な馬場状態。
サートゥルナーリアは出遅れがすべて。決して騎手の腕が悪いからとは思えないですね。巷でレーン騎手は長距離は苦手!という話が流れていますが、それって後付けですよね。てか最終の目黒記念勝っているし、そもそも2400mは長距離なの?って思ってしまう。とまぁ愚痴は置いといて。なんやかんやで上がり最速はこの馬。気性の悪さがマシになれば秋以降も期待できる一頭。

ロジャーバローズは枠、展開すべてがこの馬に味方しましたね。でも運だけで勝ったとは思えない。他に先行した馬が着外に沈んでいる中でこの馬だけが粘り込み優勝。その点は評価してもいいと思う。秋以降非常に楽しみです。

ダノンキングリーは直線よれてしまったところをみると、やっぱり距離が長いのかなーって思ってしまう。ヴェロックスは枠がね…もう少しうちの枠なら勝利までみえたかも。ニシノデイジーの最後の脚にはびっくりした。結果出しても人気にならない不思議な馬なので、秋に穴を開けそうで怖い一頭。

とまぁ回顧はこれくらいにして。
今週から2020年の日本ダービーに向けての戦いが始まりますね。もーーっと馬見の能力(技術)を上げられるように自分も頑張ります。

 

おはようございます!今日はダービーDAY!
毎年のことですが、
この日は非常にテンションが高いです!!笑
世代の頂点を決めるレース勝つ馬は…!?

ということで日本ダービーの印を

◎⑥サートゥルナーリア
メンバー唯一の無敗馬。この馬を外す理由はないでしょう。
不安点は乗り替わりですが、
これを考慮しても2着は外さないはず。
自在性もありどんなレースでも対応できる。


○➆ダノンキングリー
今の東京の芝はディープ産駒の味方になるはず。
個人的には皐月賞で一番強いレースをしたのは
この馬かなと思っている。距離不安を乗り切れば逆転も。


▲⑬ヴェロックス
皐月賞は接触を受けての2着。
外枠、在厩調整という点で評価は落としたが、
スンナリ勝ってもおかしくない。


△➀ロジャーバローズ
絶好枠、先行馬、ディープ産駒という好材料が揃ったこの舞台。
能力が足りるかは微妙なところだが、立ち回り次第で…


△⑫アドマイヤジャスタ
この馬も能力的には厳しいかもしれないが、
位置取り次第では馬券に絡む可能性も…
乗鞍絞ってきたデムーロ騎手に期待。


△⑭ランフォザローゼス
相手なりに走る堅実なタイプ。
先行できれば馬券に絡むかも…?


勝つのは3強か…!?それとも…!?

あっついあっつい一日でしたね…
明日も暑くなるのかなぁ。。
帽子忘れずもっていこーう。

さてダービー前日の東京競馬場の傾向を


まずは芝コースの複勝圏馬の位置取り、ラップ等
スクリーンショット (587)

(画像はTARGET frontier JVより)
相変わらず馬場コンデションは良さそう。
あとはこれを見る限りでは
4角である程度の位置に付けることができないと
馬券に絡むのは難しいか。
レース映像から分かること
直線で内を通った馬が有利かなぁと…
2R1400m…勝ち馬は内を通る
3R1800m…勝ち馬はやや内目を通る
6R2400m…勝ち馬は内を通る
8R1600m…勝ち馬は内を通る
10R1600m…勝ち馬はやや内目を通る2着馬は最内から

もちろんペース等によって変わるので
断言はできませんが…


ダービー前日の東京芝種牡馬別成績
スクリーンショット (589)
3Rの1800m、6Rの2400mではディープ産駒が2,3着。
2Rの1400m戦ではエイシンフラッシュ産駒がワンツー。



最後に日本ダービー騎乗予定騎手の今日の成績
(馬番順 敬称略)
浜中  【1.0.0.4】
竹之下 【なし】
石川  【0.0.1.3】
池添  【0.0.0.8】
丹内  【0.0.1.2】
レーン 【1.0.1.5】
戸崎  【1.1.1.3】
武豊  【1.1.0.4】
勝浦  【0.0.0.4】
三浦  【1.2.1.6】
酒井  【0.0.0.3】
デムーロ【0.0.1.4】
川田  【2.2.2.1】
福永  【1.1.0.2】
横山武 【0.0.0.8】
田辺  【1.0.1.4】
柴田大 【0.0.0.2】
石橋  【0.0.1.5】


川田騎手がいつも通り安定した成績。
その他の騎手で抜けた成績を残している人はいない。
個人的には…
乗鞍絞ってきたデムーロ騎手に期待…!笑

ではではこの辺で👍👍

最終追い切りの記事に続いてこちらも拡大バージョンで。
まぁG1でこの観点があてになるかどうかは微妙ですが…
(2017年~先週まで)
(TARGET frontier JVを使用してます)

①ロジャーバローズ
浜中騎手×角居厩舎
スクリーンショット (553)
個人的には穴候補で考えている一頭。
数字を見ても悪くはないみたい。
粘り込みに期待したい。


②ヴィント
竹之下騎手×千田厩舎
スクリーンショット (555)
抽選を突破してここに参戦。
数字的にはかなり厳しいですね…
竹之下騎手には思い切った騎乗をしてほしい。


③エメラルファイト
石川騎手×相沢厩舎
スクリーンショット (557)
回収率は高いがこの舞台では…
1番人気では馬券圏内外してないので、
他のレースで期待。


④サトノルークス
池添騎手×池江厩舎
スクリーンショット (559)
2011年にオルフェーヴルでこのレースを優勝したコンビ。
近年の回数が少ないので
この観点からは何とも言えないですね…


⑤マイネルサーパス
丹内騎手×高木厩舎
スクリーンショット (561)
こちらも回数が多くないので…
マイネル軍団の悲願のダービー制覇なるか…!


⑥サートゥルナーリア
レーン騎手×角居厩舎
このコンビでの出走は初。
テン乗りでダービーを勝つには相当難しいが
果たしてそのジンクスを破ることができるか。


➆ダノンキングリー
戸崎騎手×荻原厩舎
スクリーンショット (532)
Twitterでも少し触れましたが…
かなーり良い成績を残しているこのコンビ。
川田騎手×中内田厩舎に次ぐ好相性。
この観点から見ると外せない一頭


⑧メイショウテンゲン
武豊騎手×池添厩舎
実はこのコンビでの出走は初。
馬自身はスピードレースに対応できるかがカギ。


⑨ニシノデイジー
勝浦騎手×高木厩舎
スクリーンショット (565)
ほとんどがニシノデイジーでの数字なので
何とも言えないですね。
位置取り次第でってところでしょうか。


⑩クラージュゲリエ
三浦騎手×池江厩舎
スクリーンショット (567)
該当期間では1件のみ。
先行してどこまで…


⑪レッドジェニアル
酒井騎手×高橋厩舎
スクリーンショット (569)
これまた件数が少ない…
前走勝った勢いでどこまでやれるか。


⑫アドマイヤジャスタ
デムーロ騎手×須貝厩舎
スクリーンショット (571)
復調気味のデムーロ騎手。
勝率、連対率は高くないコンビだが、
複勝率はなかなかの数字。相手候補。


⑬ヴェロックス
川田騎手×中内田厩舎
スクリーンショット (563)
毎度おなじみこのコンビ。
外す理由が特に見当たらないですよね…
もちろんここも勝ち負け。


⑭ランフォザローゼス
福永騎手×藤沢厩舎
スクリーンショット (573)
こちらも件数少なめ。
三強にどこまで食い込めるか。


⑮リオンリオン
横山武騎手×松永厩舎
スクリーンショット (575)
父から子への乗り替わり。
数字だけ見ると全然買えるコンビ。
G1初騎乗初勝利がダービーってなればすごい胸熱ですね。


⑯タガノディアマンテ
田辺騎手×鮫島厩舎
スクリーンショット (577)
勝つか負けるか…!って感じの数字。
ダービーで今年5戦目になる馬。タフですね。


⑰ナイママ
柴田大騎手×武藤厩舎
スクリーンショット (579)
数字だけを見ると…なコンビ。
個人的には岡田総帥に何としてでも
ダービーを勝たせて挙げたい…!


⑱シュバルツリーゼ
石橋脩騎手×堀厩舎
スクリーンショット (581)
皐月賞は大敗したが、個人的には今後が楽しみな馬。
数字は可もなく不可もなくという感じ。


以上18頭分です(つかれた)

気が付けば木曜。気が付けば枠順が確定。
日がたつのが早すぎて、
気が付けば有馬記念ってなりそう(気が早すぎ)

さて、世代の頂上決戦日本ダービー。
陸上競技に例えると
全国インターハイってとこですかね。
選ばれし18頭をみていきましょう
スクリーンショット (536)
(画像はTARGET frontier JVより)

無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアは3枠6番。
内目の偶数番は絶好ですね。
ちなみにここ10年のダービーでは
6番から馬券に絡んだ馬はいないとか。
まぁこの馬には関係なさそうですが…笑

皐月賞2着のヴェロックスは7枠13番。
外目の枠ということで、スタートを決めて
スッと良い位置取りを取りたいところ。

皐月賞3着のダノンキングリーは4枠7番
可もなく不可もなくという感じでしょうか。
ちなみにここ10年で勝ち星のない枠は4枠のみ。
嫌なジンクスを吹き飛ばせるか。

皐月賞5着馬クラージュゲリエは5枠10番
今回は三浦皇成騎手が初騎乗。
真ん中の枠からどこまで勝負できるか。

青葉賞馬リオンリオンは7枠15番
父横山典弘騎手から息子横山武史騎手への乗り替わり
G1初騎乗がダービーってすごいなぁ

京都新聞杯馬のレッドジェニアルは6枠11番
滑り込みでつかんだこの舞台。
勝利もつかみたいところ。

ラッキーナンバー1枠1番はロジャーバローズ。
絶好枠からの先行逃げ切りを果たせるか…!

抽選を突破したのは
1枠2番ヴィントと3枠5番マイネルサーパス。
幸運を味方にどこまで勝負できるか…!

勝つのは3強か。それとも他の馬か。
非常に楽しみな一戦。日曜日が待ち遠しい…!


↑このページのトップヘ